松阪牛の歴史

松阪牛は、正式名称をまつさかうしと呼びます。

全国各地から、黒毛和種の子牛を買い入れて、三重県松阪市、その近郊で肥育された牛が松阪牛になります。

ですので、ほかの品種の牛のように、その牛のみを呼ぶ呼称ではないのです。

現在は、まつさかぎゅうをはじめ、まつざかうしなど、様々な呼び方で呼ばれ、日本三大和牛の一つとして、全国各地でも人気の牛となっております。

松阪牛の歴史は長く、江戸時代、兵庫県但馬地方にて、農耕用の役牛として飼育されておりました。

明治に入り、西洋文化が日本食にも取り入れられるようになり、その影響で牛肉食が始まったことをきっかけに、役牛から肉牛へのシフトが進みました。

昭和10年、”全国肉用牛畜産博覧会”において、松阪牛が名誉賞を受賞したことから、全国的にも、その名を知られるようになったのです。

2002年、”松阪牛個体識別管理システム”が発足され、登録された肉牛が松阪牛とされ、現代に至っております。

関連サイト≫特選松阪牛・松坂牛専門店やまと-二次会景品、ギフト牛肉、お歳暮に